人的補償の拒否はできる?プロテクトルールについて

雑記
スポンサーリンク

今回は人的補償が拒否できるのかどうかプロテクトルールについて調べました。

和田投手について

10日、西武ライオンズが福岡ソフトバンクホークスにFA移籍した山川穂高内野手の人的補償として、和田毅投手を指名する方針を固めたと報じられました。

和田投手は、昨年、西武からソフトバンクへのFA移籍で山川選手の人的補償として指名される可能性があるという報道があり、カンニング竹山氏もその報道に動揺し、和田投手の残留を懇願するコメントをSNSで発信しました。

この報道に対しては、関連ワードがトレンドに上がり、ファンからは様々な意見が寄せられています。

引用元https://news.yahoo.co.jp/pickup/6487842

人的補償は拒否できる?

スポンサーリンク

人的補償の拒否は制度上できません。もし球団が人的補償を拒否した場合、その球団の資格が停止されます。

さらに、コーチとしてもその球団に関わることができなくなります。人的補償を活用する球団が抜け穴を見つける可能性もあるかもしれませんが、そういった行動に対しては厳しい対応がされることでしょう。

また、選手が人的補償を拒否した場合には、重い処罰が下されるだけでなく、金銭補償の支払いも義務付けられています。これは協約に定められたルールです。移籍後の人的補償についても同様のルールが適用されます。

人的補償プロテクトルールについて

人的補償プロテクトルールとは、プロスポーツチームにおいて選手のトレードやドラフトなどの移籍が行われる際に、他のチームからの移籍の影響を受けないようにするためのルールです。

このルールは、移籍によって他のチームが競争力を失わないようにするために導入されています。具体的には、選手の移籍に際して、移籍元チームには金銭や他の選手などの補償が支払われます。補償の内容は移籍のプレーヤーのレベルや市場価値に応じて異なることがあります。

また、補償の具体的な金額や条件については、各スポーツリーグやチームごとに異なるルールが定められています。これにより、移籍によるチームのバランスの崩れを防ぎ、公平な競争環境を維持することが目的とされています。

参考元https://baseball-tokidoki.com/human-compensation/

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました