トヨタ不正一覧!対象車種はどれ?

雑記
スポンサーリンク

今回はトヨタ不正一覧や対象車種について調査しました。

トヨタ不正一覧

トヨタの認証申請手続き用に委託されていた自動車用ディーゼルエンジン3機種の出力試験において、違反行為が発覚しました。

この不正のため、ランドクルーザープラドなどの車種が出荷停止になることが確認されました。

具体的には、出荷停止となる車種は1GD系、2GD系、F33A系であり、これらの車種は2020年8月に販売が開始されましたが、現在は生産も終了しています。これらの車種は、日本国内をメインの仕向け地としています。

トヨタ不正一覧!対象車種はどれ?

スポンサーリンク

トヨタ不正に関連して、搭載車種に影響を及ぼしたエンジンの不正対象についての説明を以下に記します。

豊田自動織機は2024年1月29日、トヨタ自動車から委託を受けた一部の自動車用エンジンで不正が行われていたことを発表しました。この不正行為により、トヨタは10車種にわたる搭載車両の出荷を停止することとなりました。

具体的には、豊田自動織機が開発した自動車用ディーゼルエンジンの3機種が不正対象とされており、これにより商用車「ハイエース」やピックアップトラック「ハイラックス」、大型SUV「ランドクルーザー 300」などが含まれます。(出典: トヨタの資料を基に日経Automotiveが作成) [1][2]

参考元https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/24/00133/

経団連会長が憂慮するトヨタの不正行為

経団連の十倉雅和会長は、トヨタ自動車グループ内で相次ぐ不正行為に憂慮を表明しました。

彼は、これらの不祥事が日本企業の信用と信頼に関わる重要な問題であると指摘しました。

また、再発防止のためには、企業の統治を強化し、内部の統制体制を整備する必要があると述べました。

十倉氏は、日本企業の評価が不祥事に揺らいでいることに懸念を示し、トヨタグループに対して実効性のある統制を求めると注文を付けました。

参考元https://www.sankei.com/article/20240129-KSAGJLJUWFMW7N26CEL3RATWTA/

トヨタ社長「再発防止に全力」、豊田自動織機社長「深く反省」

豊田自動織機の伊藤浩一取締役社長は、新たな不正行為が発覚したことについて「極めて重大に受け止め深く反省しております。

多くの関係者の皆さまに多大なご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません」と謝罪しました。経営陣の責任を認識し、再発防止に向けた努力を約束しています。これまでの報道によると、経営の危機管理不足やコンプライアンス意識の低さが不正の原因として挙げられています。

豊田自動織機とトヨタ自動車は、この問題に対する取り組みを急いで進めることが求められています。

参考元https://news.yahoo.co.jp/articles/9c2bd983eff74d47364785fbd2069e2925f9da65

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました