トリガー条項なぜ解除しない?解除をしない理由

雑記
スポンサーリンク

今回はトリガー条項について調査しました。

ガソリン価格を引き下げるにはトリガー条項を解除しないといけないとされており岸田総理が至急検討するとなっています。

トリガー条項なぜ解除しない?解除をしない理由

岸田政権がトリガー条項を発動しない理由については複数の要因が挙げられています。一つは、法改正が必要であるためと政府が述べています

また、財務省との強いつながりで減税に振ることができないという観点も示唆されています

さらに、ガソリン価格の値下がりや補助金拡充による価格の安定化など、経済的な要因も影響しているようですこれらの要因が組み合わさり、トリガー条項の凍結解除が先送りされているとされています

トリガー条項の発動によってどのような影響があるのか

トリガー条項の発動による影響は、ガソリン税の特別税率分25.1円が課税されなくなり、ガソリン1リットル当たりの税金が約54円から約29円に引き下げられます

これにより、ガソリン価格が一時的に安くなる可能性があります一方で、トリガー条項の凍結解除には法改正が必要であり、政府内で増税ムードが強いため、減税をしたくないという背景もあります

また、ガソリン価格の安定化や財政支出の抑制など、経済的な影響も考慮されていますトリガー条項の発動により、一時的にガソリン価格が安くなる可能性があります。しかし、凍結解除には法改正が必要であり、政府内で増税ムードが強いため、減税をしたくないという背景もあります。経済的な影響や財政支出の抑制も考慮されています。

トリガー条項の発動によってガソリン価格がどのように変わるのか

トリガー条項の発動により、ガソリン価格は一時的に安くなります。具体的には、ガソリン税の特別税率分25.1円が課税されなくなり、ガソリン1リットル当たりの税金が約54円から約29円に引き下げられます

したがって、ガソリン価格のおよそ50%ほどにもなる税金の半分が一時的に免除されることで、価格高騰を抑える効果があります

ただし、トリガー条項の凍結解除には法改正が必要であり、政府内で増税ムードが強いため、すぐに実行できない場合があります。また、経済的な影響や財政支出の抑制も考慮されています

トリガー条項の発動によってガソリン価格が引き下げられる条件はどのように決まるのか

トリガー条項の発動によってガソリン価格が引き下げられる条件は、平均小売価格が1リットルあたり160円を3ヵ月連続で超えた場合に自動的に税率が1リットルあたり28.7円に引き下げられるというものです

この条件を満たすと、ガソリン税の特別税率分25.1円が課税されなくなり、ガソリン1リットル当たりの税金が約54円から約29円に引き下げられます

まとめ

以上がトリガー条項を解除しない理由のようです。

現在は政府内で増税ムードが強いため、トリガー条項の凍結解除が先送りされています

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました