セクシー田中さん原作とドラマとの違いや原作クラッシャー

雑記
スポンサーリンク

今回はセクシー田中さんの原作とドラマの違いについて調査しました。

セクシー田中さん原作とドラマとの違いは?原作と違う?

原作改変について

日本テレビが「セクシー田中さん」の原作を改変した理由について、元テレ東社員が指摘しています。

ドラマ化された際に、原作者である漫画家の芦原妃名子さんは改変されたプロットや脚本を提出されたことをSNSで報告していました。なぜテレビ局が原作に忠実でない改変を行ったのか、という疑問が浮かびます。

これは、テレビ業界の「ドラマ偏重主義」がトラブルの一因と言われています。近年、テレビ局はドラマ制作に力を入れており、ドラマは他の番組ジャンルよりも制作費がかかるため、採算性の問題が浮上していました。

スポンサーリンク

しかし、現在はドラマがテレビ局にとって重要な収益源となっており、「ドル箱」とも呼ばれる存在になりつつあります。

これにより、ドラマ多産化現象が起きている可能性があり、原作者の意向とのギャップが生じたことが考えられます。このようなテレビ業界の現状から、改変が行われたと言えるでしょう。

原作とドラマの違い

「セクシー田中さん」は、原作マンガとドラマ版の違いについて考えてみましょう。原作マンガでは、田中さんが三好さんからの突然のキスを受け入れ、三好さんとの関係が進展していきます。

一方、ドラマ版では田中さんがキスを拒否し、笙野との関係が深まる展開となっています。

また、原作では笙野もお見合い相手と婚約中ですが、ドラマ版では婚約破棄しています。

ドラマ版では、田中さんと笙野の恋の行方が描かれず、物語は2年後の未来へと進みます。

最終回では、田中さんは朱里との友情を深めながら、自分自身と向き合い成長していく姿が描かれました。

これからの田中さんと笙野の関係や朱里と小西の恋の行方を知りたいという人も多いかと思われますが、続編やスペシャルが予定されているかは現時点では不明です。

しかし、原作マンガが未完であるため、将来的にはストーリーの続きが描かれる可能性もあります。ドラマ版「セクシー田中さん」は、芦原妃名子先生が亡くなられたことにより続編の制作が難しい状況にあるかもしれませんが、原作ファンにとってはスペシャルエピソードや解決編を楽しみに待つこともできるかもしれません。

セクシー田中さん原作クラッシャー問題

『セクシー田中さん』は、小学館発行の漫画誌『姉系プチコミック』で連載されている人気作品です。

しかし、この作品のドラマ化において、原作者の芦原妃名子さんと脚本家の意見の違いから「原作クラッシャー」の問題が起きました。

ドラマ制作側は原作を大きく改変してしまい、芦原さんは漫画の連載と脚本の修正に追われることになりました。

この問題がネット上で大きな議論を巻き起こし、芦原さんの急死を受けてもなお、テレビ局側の対応に批判が集まっています。この事例は、「良い原作改変」と「原作クラッシャー」の違いを考える上で興味深いものとなっています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました