さよならマエストロのロケ地は東京音楽大学!原作ネタバレや主題歌は?

雑記
スポンサーリンク

今回は2024年冬ドラマさよならマエストロの情報をまとめました。

さよならマエストロは芦田愛菜さんが主演のドラマなので気になるかたが多いようです。

さよならマエストロのロケ地は東京音楽大学

2024年1月から日曜劇場で放送される「さよならマエストロ」のロケ地は、東京音楽大学での撮影があると思われます。

東京音楽大学が全面協力しているため、撮影は同大学で行われる可能性が高いです。

スポンサーリンク

他ロケ地は

東京音楽大学池袋キャンパス(東京都)

アグリパークゆめすぎと(埼玉県

静岡理工科大学星稜中学校・高等学校(静岡県)

ファミレス (千葉県

と噂されています。

 

また、エキストラ募集もされているため、ドラマに携わりたい方は、ドラマ公式サイトや東京エキストラノートなどで情報をチェックしてみてください。現時点ではロケの目撃情報はありません。

さよならマエストロのあらすじ

ドラマ『さよならマエストロ 〜父と私のアパッシオナート〜』は、音楽界の天才指揮者である夏目俊平と、彼の娘である夏目響の物語です。

俊平は音楽に対して熱い情熱を持ち、数々の著名なオーケストラと共演してきた天才マエストロ。

ある事件をきっかけに家族との距離が生まれ、音楽界からも離れていました。そんな彼が数十年ぶりに帰国し、地方の楽団の指揮をすることになります。一方、響は父とは真逆で音楽を嫌い、音楽の無い人生を選んでいました。

そんな響の前に突然現れた父の俊平との再会。物語は、響と俊平の再会後の様々なドラマが描かれます。

さよならマエストロの原作やネタバレは?

『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』は、音楽を愛するマエストロの夏目俊平と音楽を嫌う娘の響が繰り広げるヒューマンドラマ。

原作はなく、毎回の展開が視聴者を引き込んでいます。夏目と響の不器用で、時に笑える日常が描かれ、音楽を通じて家族の絆が再生されていくストーリー。どんな結末が待ち受けているのか、最終回まで見逃せません。

さよならマエストロのエキストラ

日曜劇場「さよならマエストロ ~父と私のアパッシオナート~」のエキストラ500人が募集されています。12月20日に東京都墨田区で行われるバイオリンコンクール観客役のシーンに参加できる18歳以上の男性・女性が対象です。

報酬や交通費、食事の支給はありませんが、服装に関する条件も明確に示されています。詳細はTBSドラマ公式サイトに掲載されています。

さよならマエストロの主題歌は?

さよならマエストロの主題歌は、まだ発表されていませんが、ティザーで使われた洋楽はキャッチーで印象に残ります。西島秀俊さん演じる夏目俊平のイメージに合わせて、どんな楽曲になるかも気になりますね。

また、ドラマ内で演奏されるオーケストラの曲も、定番曲やオーケストラファンにはおなじみの曲が期待できます。テレビ放送が楽しみです!

さよならマエストロのインタビュー内容

2024年1月期のTBS日曜劇場で放送される『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』のインタビューが話題になっています。西島秀俊と芦田愛菜が共演する本作のスペシャルインタビューがTBS公式YouTubeで公開され、既に視聴数が100万回を超えています。このドラマに対する注目度の高さが伺えます。

TBSのドラマ『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』に出演する石田ゆり子、玉山鉄二、津田寛治のインタビューが行われ、新キャストとして出演する役について話しました。石田は、自分自身も絵を描く仕事に憧れがあったため、その気持ちで志帆役を演じていると語りました。

玉山は、ひたすらに純朴で真面目で、市民オーケストラに人生を捧げている古谷悟史を演じることになり、楽器初心者であるがプロの演奏シーンを演じていると話しています。津田は主人公に最初は敵意を持つ役で、クラシック音楽の名曲に注目していることを明かしました。劇中の思いやりあふれる物語に期待が高まります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました