大谷翔平の移籍先ランキングや予想。エンゼルス残留の可能性やドジャース最有力はなぜ

雑記
スポンサーリンク

今回は大谷翔平選手の移籍先を予想していきたいと思います。

大谷翔平の移籍先予想

大谷翔平選手の移籍先について、MLB公式サイトが予知能力者のシャラ・オギン氏に占ってもらいました。オギン氏はエンゼルスの残留を予想し、対抗にはメッツとマリナーズを挙げました。MLB公式サイトは移籍先候補として8球団を提示し、24時間の時間を与えてオギン氏に考えてもらいました。その結果、ドジャース、パドレス、レッドソックス、レンジャーズ、ジャイアンツは外れ、メッツとマリナーズは予想の中で残りました。オギン氏が最も強い肯定的なエネルギーを感じたのはエンゼルスで、「彼の魂の目的は他の人たちを鼓舞し、力を与えて立ち上がることです」と述べました。また、彼がお金に動機づけられているわけではないとも予想しています。

大谷翔平移籍先ランキング

エンゼルスの大谷翔平投手(29)の移籍先ランキングについて、米テレビ局CBS電子版が全29球団をランク付けしました。1位にランクされたのはアメリカンリーグ西地区のレンジャーズです。2位には藤浪加入のオリオールズが位置しました。これにより、大谷翔平の注目の移籍先候補が明らかになりました。

大谷翔平選手の移籍先がいつ決まるかについて、MLB公式サイトはクリスマスあたりまで決まらない可能性があると報じました。公式サイトは当初、ウィンター・ミーティング終了までに大谷選手の去就が決まる可能性があると報じていましたが、大谷陣営はミーティング終了後にも各チームとの契約交渉を予定しているとのことです。そのため、移籍先の発表はもうしばらくかかる可能性があります。現在はドジャース、カブス、ブルージェイズ、ジャイアンツ、そして再契約を狙うエンゼルスの間で大谷選手の争奪戦が行われています。しかし、具体的な移籍先が決まるまで、さまざまな情報が錯綜している状況です。

大谷翔平ドジャース最有力はなぜ

大谷翔平選手の移籍先として最有力と言われているのは、彼の将来性と実績に加えて、ロサンゼルス・ドジャースの資金力と勝利の文化が挙げられます。ドジャースは全米第2の都市であり、ビッグマーケットであるため、資金面での余裕があります。また、過去11年で10度の地区優勝を果たすなど、戦力・戦術が充実した球団として知られています。彼の求めるポストシーズンでの戦いを実現するためには、ドジャースが最適な選択肢と言えるでしょう。ただし、ジャイアンツ、レンジャーズ、ブレーブス、レッドソックス、メッツなど、他の強豪球団も一定の資金力を持っており、様々な噂が飛び交っています。大谷の移籍先が決まるまで、注目は続くことでしょう。

大谷翔平エンゼルス残留の可能性は?

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は、フリーエージェントとして移籍先の注目を浴びています。大谷選手は勝利を求めており、プレーオフに進出できないエンゼルスから離れるという見方が強いですが、米メディアの一部は再契約の可能性もあると報じています。エンゼルスは大谷選手を重要な位置で起用しており、大谷選手もロサンゼルスを好んでいるため、残留の可能性もあると言われています。ただし、具体的な決断はまだ分かりません。今後の動向に注目が集まります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました