大谷翔平の歴代の車や愛車遍歴

雑記
スポンサーリンク

今回は大谷翔平選手の歴代の車について調査しました。

大谷翔平の歴代の車

大谷翔平選手の歴代の車についての情報はオンラインデータから得られるものです。

2022年にポルシェとアンバサダー契約を結んだことがあり、日本での愛車はポルシェの「タイカン ターボS」というEVカー(電気自動車)です。

具体的な詳細や他の歴代の車については、オンラインのメニューや関連記事から調査することができます。大谷翔平選手の車に関する情報に興味がある方は、そちらをご覧ください。 [1][2]

大谷翔平の愛車遍歴

大谷翔平は、ポルシェ・ドライビングアスリートに就任したことで話題となった。

彼の愛車としては、ポルシェのバッテリーEVであるタイカンの最強モデル、ターボSが日本でメディアに取り上げられ、注目を浴びた。

最高出力761馬力で時速100kmに2.8秒で到達する性能を持つこのクルマは、約2500万円という価格ではあるが、大谷選手の収入からすれば問題はないだろう。

ただし、メディアで紹介されたタイカンは、ポルシェ・ジャパンが貸し出している可能性もあり、詳細は明確にされないことが多い。また、春季キャンプでの報道では、大谷選手がポルシェのSUVである白いカイエンから降りてきたことが報じられている。

日本のインポーターとの契約で海外での行動まで制約されることは考えにくいため、国外でポルシェ以外のクルマに乗っていることは問題ではないと言えるだろう。 [1][2]

大谷翔平がポルシェのタイカンを選ぶ理由は何

大谷翔平選手がポルシェのタイカンを選ぶ理由は、ポルシェとのアンバサダー契約が関係しています。

2022年にポルシェ・ジャパンとのアンバサダー契約を結んだ後、タイカン ターボSというEVカーに乗っている姿がメディアに取り上げられました

また、大谷選手はポルシェを贈呈されたこともあり、ポルシェを愛車として選んでいるとされています

さらに、報道によればタイカンが貸与された可能性もあるとされていますしたがって、大谷翔平選手がポルシェのタイカンを選ぶ理由は、ポルシェとの契約や贈呈に関連していると言えます。

大谷翔平ポルシェを妻にプレゼント

大谷翔平選手がポルシェを贈ったことに関する情報が複数あります。2023年に、大谷選手はポルシェのタイカンを投手のジョー・ケリーの妻に贈呈し、話題となりました

また、大谷選手はポルシェジャパンのアンバサダー契約を結んでおり、自身もポルシェの愛車を所有しています。これらの情報から、大谷翔平選手がポルシェを贈る際の背景や理由については、ポルシェとの関係性や個人的なつながりが影響している可能性があります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました