大谷翔平の犬の性別やデコピンの名前の由来は?過去の犬エースや世話は

雑記
スポンサーリンク

今回は大谷翔平の飼っている犬の情報についてまとめまたした。

大谷翔平の犬

大谷翔平投手がドジャースに入団した際に明かした、愛犬の名前は「デコピン」であることが話題になっています。彼が飼っているのは、オランダ原産の小型犬、コーイケルホンディエです。元の名前はデコイで、犬種の名前に近い感じで名付けたそうです。大谷選手には、犬を大切にする愛情深い一面が垣間見えます。

大谷翔平の犬の種類について

大谷翔平選手が愛犬として飼っている犬種は「コイケルフォンディエ」と言われています。これは、オランダ原産の小型犬で、日本ではあまり見かけることができない珍しい犬種の一つです。過剰な人気によって無理な繁殖が進むことで、遺伝病が生じる恐れもあるため、愛犬家としては大切な情報を知っておく必要があります。

大谷翔平の犬の値段は?

大谷翔平選手が飼っている犬種はコーイケルホンディエで、希少な犬種として知られています。価格相場は30~55万円と、かなり高額な値段設定となっています。同犬種はオランダでは人気があり、性格も明るくフレンドリーなため、家庭犬としても向いています。大谷選手がどのようにしてこの犬種を飼い始めたかは分かっていませんが、知り合いのブリーダーや保護施設で受け取る方法があることも分かっています。

大谷翔平の犬の性別は?

大谷翔平選手の犬の性別について、オンライン上のデータからは明確な記載がありません。ただ、愛犬エースは大谷選手にとって、小学校1年生から一緒に育ってきた大切な家族であったことは明らかです。また、大谷選手がメジャーリーグに挑戦する前には、家族とエースくんで最後の夏を過ごすことを決めていたことも報じられています。

スポンサーリンク

大谷翔平の犬の名前は?

大谷翔平選手の大リーグ入団会見で、愛犬の名前が明かされた。その名前は「デコピン」。本人は元々「デコイ」と呼んでいたが、アメリカの人に発音しにくいため、親しみやすい「デコピン」という名前に変えたとのこと。大谷選手は犬好きで、過去にも「エース」という名前のゴールデンレトリバーを飼っていた。現在の愛犬は、コーイケルホンディエという珍しい犬種だという。

大谷翔平の犬の世話は?

大谷翔平選手は、中型犬のコーイケルホンディエの愛犬デコピンを飼っています。愛犬の世話は普段から出入りしているペットシッターさんがしているのかもしれませんが、オフシーズンや在宅中は大谷選手自身が世話をしているようです。犬と一緒にのんびりと過ごしたり、散歩をしたりして、愛情を注いでいるようです。

デコピンの名前の由来は?

大谷翔平の愛犬「デコピン」、名前の由来は「元々Decoyという名前があったので」

「DECOY」(デコイ)は「おとり」を意味する英語のため、鴨をおびき寄せる狩猟犬であるコーイケルホンディエを指す言葉。

大谷翔平の犬のぬいぐるみ

大谷翔平の犬のぬいぐるみの情報はありません。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました