溝部拓郎さんのwike経歴。AIの使用疑惑について。ポケットペアは中国?

雑記
スポンサーリンク

今回はポケモンのパクりゲーと言われるパルワールドを作った会社ポケットペアの社長である溝部拓郎さんについて調査しました。

溝部拓郎さんのwike経歴

溝部拓郎さんは、幼少期からゲームに没頭し、小学5年生の夏休みに自作のゲームを作ったことがきっかけで開発者を志すようになりました。

大学では任天堂ゲームセミナーに参加し、卒業後はJPモルガン証券に入社しましたが、やはりゲームを作りたいという思いから、2014年に仮想通貨取引所のCoincheckを創業し、さらに2015年には株式会社ポケットペアを設立しました。

彼の異色の経歴と情熱は、これからも面白いゲームを生み出してくれることでしょう。

ポケットペアは会社は中国?親会社は?

スポンサーリンク

ポケットペアは、東京都品川区に本社を構える日本のゲーム開発会社です。2015年に溝部拓郎によって設立されました。同社は、ゲームの企画から開発、運営までを行っており、『クラフトピア』などのゲームを展開しています。

株式会社ポケットペアの親会社についての情報はオンラインのデータでは明確にはされていません。

ネットでは中国と噂されていますが正真正銘日本人で日本の企業です。

溝部拓郎パルワールドはAI?

溝部拓郎氏はポケットペアの社長であり、生成AIの使用に関心を持っていることが指摘されています。

しかし、具体的な証拠はまだありません。彼のツイートやゲームの説明文から、生成AIを使った実験や組み込みが行われている可能性が浮上していますが、確証はありません。現在のところ、「パルワールド」自体がAIを利用しているという決定的な証拠はないと言えます。

ただし、生成AIに興味を示し、関連したゲームを開発したことは事実です。このような情報から、疑惑の根拠となっているのです。ただし、情報はまだ不明確であり、確定的な結論を出すことはできません。

溝部拓郎がAIを使用した根拠は?

ポケットペアの溝部拓郎社長は2021年のツイートで、非常に初期的なAIツールでポケモンを生成する実験に興味を示していた。このツイートは、溝部自身が生成AIを使ってポケモンに似たモデルを制作したと解釈されがちだが、そのような事実は明らかになっていない。2022年のツイートでは、生成AIについてより詳しくコメントし、生成AIの普及は必然的で有用になりうるという考えを示唆している。

・ポケットペアは2022年、『AIアートインポスター』というゲームをリリースした(このゲームはプレイヤーをほとんど集められなかった)。同作には画像生成AIが組み込まれており、プレイヤーは、自分のグループの中のどのプレイヤーがお題を知らされずに画像を生成したかを当てる。ゲームの説明文には「あなたはAIに指示を出して絵を描かせる時代の先を行くアーティストです」や「絵心がなくてもすてきな絵が描ける」と書かれており、この説明を真に受ける人もいれば、皮肉として捉える人もいる。

参考元https://forbesjapan.com/articles/detail/68704

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました