かがみの孤城オオカミ様の正体はリオン?素顔や目的は?

雑記
スポンサーリンク

今回はかがみの孤城のオオカミ様について調査しました。

かがみの孤城オオカミ様の正体はリオン

『かがみの孤城』に登場した狼の仮面をかぶった女の子「オオカミ様」の正体は、主人公こころと一緒にかがみの孤城に招待されたゲストの一人「リオン」の何年も前に病死してしまった姉でした。彼女は狼の仮面をかぶっていたのは姉だということがばれないようにするためで、また子供の姿として現れたのは、姉が6、7歳の頃に元気に体を動かせたからです。

かがみの孤城オオカミ様の目的は?

オオカミ様ことリオンの姉「ミオ」は、リオンと同じ学校に通いたいと願いましたが叶えられず、自分の死を悔いていました。彼女は鏡を通じてかがみの孤城という世界を作り、学校に行けない子供たちを呼び、リオンが寂しい思いをしないようにと思いました。

そのためにミオはリオンを中心に交流をつくることを目的とし、雪科中学校に通う子供たちをかがみの孤城に招待しました。彼らは自分たちが一人ではないことを感じることができる場所だったのです。

スポンサーリンク

「かがみの孤城」は、小説および映画で展開される物語です。その中で登場する「オオカミさま」というキャラクターは、リオの姉であるミオの正体だとされています。幼い頃に亡くなったミオは、妹リオの願いを叶えるために、「オオカミさま」として現れるのです。この作品には、リオを中心に織り成される感動的なストーリーや、登場人物たちの心の葛藤が描かれています。どのような運命が待ち受けているのか、物語を通じて明らかにされるでしょう。この作品は、ネタバレを含んでいますのでご注意ください。

かがみの孤城オオカミ様の素顔は?

素顔については最後までさかされませんでした。

オオカミ様の正体はリオンの姉 水守実生と明かされています。

強いて言えば水守実生がオオカミ様の素顔です。

ただ水守実生の顔を見ようにも本編での登場シーンがほぼありません。

ネットで調べた所病院での髪のないシーンと冒頭の病院で登場していたようです。

まとめ

以上が鏡の孤城の考察となります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました