石川県地震で変電所トラブルの記事削除の理由?人工地震?

雑記
スポンサーリンク

先日、石川県能登町の変電所でのトラブルが報道されました。その後、関連記事が削除されていることが明らかになりました。

石川県地震で変電所トラブルの記事削除の理由

理由は、不安を煽らないためと考えられています。詳細については不明ですが、地震災害の中で電力供給の重要性が改めて浮き彫りになりました。 [1][2]

記事内容

1日午後4時10分頃、石川県能登地方を震源とする地震があり、同県志賀町で震度7を観測した。気象庁によると、震源はごく浅く、地震の規模を示すマグニチュード(M)は7・6と推定される。同県七尾市、輪島市、珠洲市、穴水町では震度6強の揺れを観測した。

この地震の前後にも、午後4時6分頃、18分頃、56分頃と立て続けに石川県内で最大震度5強を観測する地震が発生。震度3~5弱の地震も繰り返し起きた。

国内で震度7が観測されたのは、2018年9月に起きた北海道胆振東部地震以来。
石川県能登地方では、07年3月に最大震度6強の地震が発生。20年12月以降に地震活動が活発化し、22年6月に同6弱、23年5月にも同6強の地震が起きた。

石川県の地震は人工地震?

石川県で地震が起きたとの報道がありましたが、人工地震説については憶測に過ぎません。

変電所の爆発では地震を発生させるエネルギーにはならないようです。

スポンサーリンク

適切な情報提供を行い、不安を増長させることを避けることが大切です。また、避難や安全確保にも十分な配慮が必要です。 [1][2]

変電所とは

変電所とは、発電所で作られた電気の電圧を変える施設です。電気が送電線から変電所を通過するごとに徐々に降圧され、最終的には電柱の柱上変圧器によって一般家庭で利用できる電圧に変換されます。遮断器や断路器といった装置を備え、電力安定供給のために欠かせない役割を担っています。種類には油遮断器・磁気遮断器・空気遮断器・真空遮断器・ガス遮断器などがあり、今後はデジタル技術を取り入れた「デジタル変電所」が普及することが期待されています。 [1][2]

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました