電動キックボード利権は誰?甘利氏が関与?luupとの関係は

雑記
スポンサーリンク

今回は電動キックボードの利権について調査しました。

電動キックボードは最近事故が起きたりしており免許不要なものなのどがあるため危険と言われています。

巷では政治家の利権で普及していると噂されています。

電動キックボード誰の利権?

日本では電動キックボードの解禁に関して、利権が絡んでいると言われています。この問題はMaaS議員連盟マイクロモビリティPTなどの国会議員たちが主導しており、特に座長である山際大志郎氏の影響力が大きいようです。

スポンサーリンク

彼らは専門家や意見を無視して、解禁を押し進めました。ただし、この解禁には課題もあります。例えば、ヘルメットの着用は任意であり、対人保険は加入が義務付けられていますが、取り締まりに関してはまだ疑問が残っています。また、観光客との接触事故のリスクもあるため、警察なども慎重な対応を迫られるでしょう。

このような利権が絡んだ解禁決定には、安全性や法整備の面での懸念も多いですが、それでも電動キックボードの普及が進んでいくことは予想されます。

参考元https://bestcarweb.jp/feature/column/619251

電動キックボード利権は甘利氏が関与?

電動キックボードの利権について、甘利氏の関与が指摘されています。甘利氏はMaaS議員連盟マイクロモビリティPTの座長を務め、解禁に力を入れているとされています。

このマイクロモビリティ推進協議会の設立や道交法改正の背後には、甘利氏の存在があると言えるでしょう。

また、電動キックボードの解禁には多くの業界団体や自民党商工族も関与しており、利権の絡んでいる感は否めません。このような背景から、電動キックボードの利権問題に注目が集まっています。

電動キックボードluupの利権?

岡井大輝氏は、株式会社Luupの代表取締役社長兼CEOであり、電動小型モビリティの業界団体の会長も務めています。

Luupの利権にはいくつかの大手企業や著名な個人が出資しており、伊藤忠、三井、住友、三菱系のファンドなどが含まれていると報じられています。

また、岡井氏は国土交通省の有識者会議委員でもあり、電動キックボードの法改正にも関与しているとされています。岡井氏は東大を卒業し、若くしてLuupを創業しました。

その経歴や業績は非常に輝かしいものです。具体的な個人情報や妻や子供については公表されていないため、詳細はわかりません。しかし、岡井氏は電動キックボード業界で注目を集めており、その彼の人物像や経歴には多くの人が興味を持っています。 

参考元https://gendai.media/articles/-/113866?page=2

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました