デーブロバーツ監督は日本語を話せない?監督歴や指導歴は

雑記
スポンサーリンク

今回はロバーツ監督が日本の沖縄出身ということで日本語が話せるのかどうかが話題になっています。

今回はロバーツ監督の経歴や日本語について調査してみました。

ロバーツ監督の経歴や生い立ち

デーブ・ロバーツ監督は、沖縄県那覇市生まれで母親は日本人、父親はアフリカ系アメリカ人のハーフです。

海兵隊だった父親の転勤でカリフォルニア州に移り住み、興南高校を卒業後に野球の選手として活躍しました。

現在はドジャースの監督を務めながら、日本や沖縄に対する思い入れも強く、定期的に訪れているようです。

また、がんを発症しても家族の支えによって克服し、そのエピソードはロバーツ監督の重要な経験として語られています。

デーブロバーツの監督歴や指導歴は?

デーブ・ロバーツは現在、ロサンゼルス・ドジャースの監督を務めている。彼は2016年にこのポジションに就任し、初年度にはチームを地区優勝に導いた。その後、2年の間に再びチームをワールドシリーズに導いた。 彼は日本出身の初のMLB監督としても知られており、その指導力は高く評価されている。しかし、彼のプレーを批判する声もある。彼は引き続き、ドジャースの監督として、今後も成功を収めることを目指している。

デーブロバーツ監督の現役時代

デーブ・ロバーツは、左投げ左打ちの外野手としてプロ野球選手として活躍していました。彼はインディアンス、ドジャース、レッドソックス、ジャイアンツなどのチームでプレーし、その素早い足捕球で知られていました。彼は2004年のレッドソックスで、ロースターの中心選手としてワールドシリーズ制覇を果たしました。2009年に現役引退を発表し、その後はパドレスの特別補佐役や、ドジャースの監督などを務めています。

ロバーツ監督は日本語を話せない?

過去に取り上げられた記事でロバーツ監督がどんな人なのかについて書かれている記事がありました。

【こんな人】大谷翔平との面談公表のドジャース・ロバーツ監督は沖縄生まれ、根底に流れる道徳心 - MLB : 日刊スポーツ
【ナッシュビル(米テネシー州)5日(日本時間6日)=四竈衛、斎藤庸裕】大本命が堂々と沈黙を破った。ドジャースのデーブ・ロバーツ監督(51)が、エンゼルスからF… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

ロバーツ監督は日本語が話せないが、栄子さんの持ち前のコミュニケーション力でチームをまとめ上げている。前田健太が入団した際には、栄子さん自身が「私がもっとしっかり教えておけばよかった」と悔やんだが、熱心な指導と柔和で謙虚な姿勢でチームの常勝を築いている。父の厳格さと母の心優しさを受け継いだロバーツ監督の道徳心は、日本人と共感できる点がある。

まとめ

まとめるとロバーツ監督は日本語を話せません。

海外生まれで両親が日本人の子供も英語しか喋らないみたいな話もあるのでいろんな事情で教えなかったのでしょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました