ダウンタウンの不仲理由は?エピソードや歴史について

雑記
スポンサーリンク

今回はダウンタウンの不仲説の調査と共にダウンタウンの歴史を探っていきたいと思います。

ダウンタウンはお笑いコンビで10年以上不仲だったと本人たちから明かされています。

ダウンタウンの歴史

ダウンタウン(DOWNTOWN)は、吉本興業に所属する松本人志と浜田雅功からなる日本のお笑いコンビである。

彼らはNSC大阪校の1期生であり、コンビとしての活動をスタートさせた。ダウンタウンは、その独特なコントスタイルと斬新なネタで多くの人々を魅了し、大きな人気を博してきた。

スポンサーリンク

特に、彼らのテレビ番組『水曜日のダウンタウン』は、視聴者にとがった笑いを提供することで評判を呼んでいる。この番組は2014年に始まり、その後もダウンタウンの復活を象徴する存在となっている。ダウンタウンは長い歴史を持ちながらも、常に新しい面白さを追求し続けており、日本のお笑い界において不動の存在となっている。

ダウンタウンの伝説

ダウンタウンは、日本のお笑いコンビであり、その才能とユーモアのセンスで伝説的な存在となっています。彼らは数々のテレビ番組や舞台で活躍し、多くの人々を笑わせてきました。

特に『4時ですよ〜だ』という番組は、彼らにとっての伝説とも言える舞台裏を持っています。

ダウンタウンは大崎洋氏に見出され、彼のサポートのもとで世界に売り込む道を模索しました。彼らのおもしろさや独特の笑いが生かされた花が咲き、結果として彼らを売り出すことができました。ダウンタウンの成功の一因は、彼らが与えられた「場所」を変えることに取り組んだことです。

彼らは自らの個性を活かすフィールドを見つけ、そこで輝き続けました。今でも多くの人が彼らの漫才を楽しんでおり、その名前は伝説として語り継がれています。

ダウンタウン不仲?理由は?

ダウンタウンという芸人コンビについて、過去に不仲な時期があったことがわかります。特に2000年頃から不仲な時期があったようで、その原因は松本さんのコント番組での浜田さんのやる気の低下が関わっていたようです。

当時の芸人コンビは不仲なのが当たり前だったため、あまり驚きはなかったそうです。しかし、松本さんの結婚後からダウンタウンの仲は改善され、特に子供が生まれてからはお互いに優しくなっていったようです。

しかし二人は小学校からの付き合いで吉本に誘ったのも浜田さんからだったとのこと

また、他の芸人コンビでも結婚後の仲の良さが注目されるようになり、ダウンタウンもその流れに乗ってコンビ仲の良さをアピールしていったといいます。現在はダウンタウンの仲は良好であり、不仲な時期は過去のものとなっています。

参考元https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/252013

ダウンタウン不仲解消は?

ダウンタウンのコンビ不仲の理由について、ネットの情報によると、一部の報道や番組での説明からは、不仲の時期があったとされています。

特に松本さんが結婚することを理由に説明していたことが分かります。

しかし、テレビを視聴している側からすると、不仲という話は驚きであり、現在のように仲の良いダウンタウンを見ていると、その時期のギスギス感が感じられなかったことがわかります。

具体的な不仲の時期については、松本さんが「ごっつええ感じ」というコント番組をやっていた際に、途中から浜田さんがやる気を失っていたと言われています。個人的な見解ですが、2000年頃からが不仲な時期と言えるのではないかと考えています。

ただし、当時の芸人コンビの間には不仲が当たり前のような風潮があり、多くの芸人コンビが不仲であったため、違和感や驚きはありませんでした。

一方で、ダウンタウンの仲良さが始まったのは、松本さんが結婚したころからと言われています。特に子供が生まれてからの松本さんは優しくなり、それに応えるように浜田さんも優しくなっていったとされています。

また、松本さんが結婚したころから、コンビ仲が良い芸人のブームが起こり、ロッチやオードリーなどが有名になったと言われています。

具体的な不仲の解消の瞬間としては、2009年か2010年に出演していた番組「リンカーン」において、ロッチが先生として登場し、コンビ仲良く売っていくべきだと説教した際に、松本さんと浜田さんが電話番号を交換する場面があったとされています。

なお、ガキの使いのフリートークが終了した理由については、一部の回答者が不仲を挙げていましたが、松本さんは番組で結婚を理由に説明し、その話題が自身の求める笑いとは異なるため終了させたと述べています。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました