【アジアカップ2024】バーレーン代表メンバー!サッカーは強い?

雑記
スポンサーリンク

今回はバーレーン代表メンバーについて調査しました。

バーレーンはアジアカップ2024で1月31日日本と対戦する予定となっています。

【アジアカップ2024】バーレーン代表メンバー

2024年のアジアカップバーレーン代表メンバーは、アブドゥルカリム・ファルダンやサイード・ジャファルなどの注目選手が名を連ねています。

アル・リファ所属のファルダンはゴールキーパーとして、アル・ムハラク所属のジャファルも同じくゴールキーパーとしてメンバー入りしています。

スポンサーリンク

アミーヌ・ベナディはディフェンダーとして、モハメド・アブドゥルワッハーブはミッドフィールダーとして招集されました。また、フォワードのポジションには12人の選手が名を連ねており、期待の若手も多く含まれています。

監督はフアン・アントニオ・ピッツィが務めており、前回大会での好成績に続く活躍を期待されています。バーレーン代表は中東地域で注目されており、ファンの期待が高まっています。

参考元https://www.goal.com/jp/%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88/japan-bahrain-kickoff-stadium-member-20240131/blt8f7b074a978a68d3

【アジアカップ2024】バーレーン代表サッカーは強い?

日本はアジアカップ2024でD組2位となり、E組1位のバーレーンと31日の決勝トーナメント1回戦で対戦することが決まりました。

バーレーンのチームには、194センチの身長を誇るFWユスフが在籍しており、彼の高さが武器となっています。彼はユスフが競り勝った後のこぼれ球を決めるなど、ヘディングに強いプレーを見せています。

過去の対戦成績では、日本が8勝2敗と勝ち越していますが、最後の対戦は10年3月のアジアカップ予選の時でした。この対戦は日本にとって14年ぶりのものとなります。バーレーンのチームは日本にとって厄介な相手となることが予想されます。 

参考元https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/202401250001521.html

バーレーン代表ゴールキーパーの実力

アジアカップ2024バーレーン代表のゴールキーパーに注目です。バーレーン代表にはアル・リファ所属のアブドゥルカリム・ファルダン選手やアル・ムハラク所属のサイード・ジャファル選手などがメンバー入りしています。

ファルダン選手とジャファル選手は共にゴールキーパーとしての活躍が期待されています。

彼らの存在はチームの守りを支える重要なポジションとなっており、そのパフォーマンスがバーレーン代表の勝利に繋がることを期待しています。バーレーン代表のファンやサッカー界で注目されているチームですので、彼らの活躍に期待が高まっています。

日本代表と対戦するバーレーンのゴールキーパーは非常に実力があります。

バーレーン代表のゴールキーパーは、そのセービング能力や素早い反応力など、優れた守備スキルを持っています。彼は過去の試合で数々の素晴らしいセーブを見せており、相手チームの得点を阻止するために全力を尽くしています。

日本代表はバーレーンのゴールキーパーに対して注意を払い、戦略を練る必要があります。彼の存在は、アジアカップの試合においてバーレーンチームの守備力を支える重要な要素となるでしょう。

バーレーン代表の注目選手や有名選手【サッカー】

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました