相棒22のロケ地全解析!豪邸からテーマパークまで

雑記
スポンサーリンク

相棒シーズン22のロケ地全解析では、いつもの警視庁や亀山家の豪邸から、人気のレストランや遊園地まで、さまざまな興味深いロケ地が登場します。

本記事では、読者の皆さんが相棒シーズン22をさらに楽しむために、今話題のロケ地や撮影場所を詳しく紹介しています。

具体的には、各話ごとのロケ地紹介や群馬の旧テーマパーク「赤城クローネンベルク」の探索、さらには警視庁・捜査一課の舞台裏まで徹底解説。

これらの情報をもとに、相棒ファンならずとも、思わず訪れたくなるような魅力的な場所が紹介されていますので、ぜひ記事をチェックしてみてください。

相棒シーズン22 ロケ地総まとめ: 毎週更新!

相棒シーズン22では、さまざまなロケ地が登場します。東京や群馬、埼玉などの都市で撮影が行われ、魅力的なシーンが生まれました。理由の一つは、リアルな背景が織りなす独特の雰囲気が視聴者に好評だからです。

この記事では、具体例や根拠となる情報を交えながら、相棒シーズン22のロケ地を総まとめします。一部、公開されているマップや登場する施設もご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

各エピソードのロケ地に関する最新情報は、毎週更新し続けます。ご期待ください。

第1話「無敵の人〜特命係VS公安…失踪に潜む罠」ロケ地紹介

相棒シーズン22第1話では、杉下右京(水谷豊)と亀山薫(寺脇康文)の名コンビが登場します。特命係として警視庁で働く2人は、公安と対立することになります。

このエピソードの撮影が行われたロケ地は、東京都内を中心に数カ所あります。例えば、新宿や中央区などの繁華街が登場します。また、レストランやカフェなどの施設も効果的に使用されています。

さらに、エピソードの舞台となる警察署や捜査のシーンでは、北区や緑区などの静かなエリアも撮影場所になっています。興味深いロケ地が盛りだくさんな第1話をぜひお楽しみください。

第2話「無敵の人~特命係VS公安…巨悪への反撃」ロケ地一覧

続く第2話では、特命係と公安の戦いがさらに激化します。2人が追う事件の裏には、巨悪の存在が潜んでいます。

この話のロケ地は主に東京都内に集中していますが、千葉県や横浜市などの近郊も含まれています。

登場する施設は、シリーズではお馴染みの刑事たちが捜査を進める警視庁や、事件の舞台となる川崎市中央区のビルなどです。また、第1話と引き続き、新宿や横浜市内のカフェやレストランなども登場し、その多様なロケ地がエピソードに彩りを添えています。

相棒シーズン22第2話の舞台となるロケ地にもぜひ注目してください。

第3話「スズメバチ」の舞台となった撮影場所

第3話「スズメバチ」の舞台は東京都内にある複数のロケ地になります。まず、代表的な場所として、新宿区にある警視庁を挙げることができます。

また、他にも事件現場となる公園や犯人のアジトとなる建物などが登場します。残念ながら、これらの具体的な撮影場所は公式情報やロケ地マップでは公開されていませんが、劇中の映像から東京都内であることが推測できます。

なお、ドラマ「相棒」の撮影は主にテレビ朝日のスタジオを使用しており、ここでシーンごとにセットが組まれることが一般的です。これにより、エピソードによっては撮影場所が特定できないこともあります。

スポンサーリンク

第4話「天使の前髪」主要なロケ地情報

第4話「天使の前髪」で登場する主要なロケ地は、東京都内を中心にいくつかの場所が使われています。まず、新宿区にある警視庁が再び登場します。

また、事件の舞台となるシーンでは、東京都内のとある家やレストランが使用されています。ただし、これらの撮影場所の詳細は公開されておらず、具体的な場所は特定できません。

最後に、ラストシーンで登場する橋や河川敷の撮影場所も見つけることが難しいですが、やはり東京都内であることが推測できます。このエピソードでもテレビ朝日のスタジオが撮影の拠点となっています。

第5話「冷血」で訪れた聖地巡礼

第5話「冷血」で登場する聖地巡礼の場所は、東京都内やその近郊に点在しています。警視庁や犯人のアジトとなる場所など、ドラマ「相棒」でお馴染みのロケ地が多く含まれています。

具体的に言うと、新宿区の警視庁が相変わらずの舞台として使用されており、その周辺にある複数の建物や場所も登場します。

また、犯人のアジトや遺体が発見されるシーンの撮影地として、東京都内の廃墟や廃工場が使われていることが推測されます。

さらに、このエピソードでは、群馬県や埼玉県、千葉県などの近郊地域もロケ地の一部として使用されています。しかし、これらの実際の撮影場所は公開されていないため、具体的な場所は特定できません。

第6話「名探偵と眠り姫」の撮影場所に迫る

ドラマ「相棒」の第6話「名探偵と眠り姫」は、高い評価を受ける作品の一つである。撮影場所について、詳しく調べてみたいと思う。

まず、「名探偵」の肩書きが示す通り、登場人物である右京と薫が捜査にあたる事件が起こり、解決に向けて彼らが協力し合うシーンが見どころである。

撮影は東京都内のいくつかの場所で行われた。例えば、警視庁刑事部捜査一課が登場するシーンは、実際の警視庁の建物が使われた。

また、「眠り姫」に関連する事件現場として登場するのが、美しい料理が提供されるレストランである。実際のロケ地は都内の一軒家レストランで、同じエリアには、その他の撮影場所も点在している。

さらに、放送前には公式Twitterで画像やコメントが公開され、関心を集めた。

以上から、ドラマ「相棒」第6話「名探偵と眠り姫」の撮影場所は、東京都内に集まっていることがわかる。

第7話「青春の光と影」で使われたロケ地公開!

「相棒」第7話「青春の光と影」では、劇中に登場するロケ地が視聴者の注目を集めた。具体的な撮影場所を調査してみよう。

まず、千葉県の海を望む絶景ポイントが、事件の核心に迫る場面で使われている。また、同じ千葉県内にある歴史的建築物も登場し、舞台が広がっている。

続いて、埼玉県の自然豊かな山間部が、登場人物たちの心の葛藤が描かれるシーンの舞台となっている。さらに、青春時代の回想シーンには、前述の千葉県とは別の場所である、東京都内の学校がロケ地として利用された。

これらの情報から、第7話「青春の光と影」の撮影場所は、千葉県や埼玉県、東京都内など多岐にわたることがわかった。

微笑みの楽園とは?群馬の旧テーマパークを探索!

群馬県にある、閉鎖されたテーマパーク「微笑みの楽園」について調べてみる。

かつては家族連れで賑わっていた施設だが、現在は閉鎖され、草木に覆われた姿が見られる。この場所は「相棒」の舞台として選ばれ、劇中で刑事たちの捜査が繰り広げられる。

閉園後も廃墟と化したテーマパークは、不気味な雰囲気を醸し出す。しかし、かつては多くの笑顔が集まったこの場所を、刑事たちが捜査することで、昔の光景が回想シーンとして描かれる。また、主要な登場人物である右京と薫は、この場所で新たな手がかりを見つけ出し、事件の解決に近づく。

ファンの間では、亀山警視や伊丹刑事も登場し、物語が盛り上がるエピソードとして評価されている。撮影場所として「微笑みの楽園」が選ばれたことで、この旧テーマパークが再び注目を集め、多くの観光客が訪れるようになった。

相棒22第1話・第2話「微笑みの楽園」概要と訪問方法

ドラマ「相棒」シリーズの第22シーズンがスタートし、第1話と第2話は「微笑みの楽園」と題されています。

この話は、右京(水谷豊)と亀山(寺脇康文)が特命捜査班として上空からの検索を行い、事件の真相を解明するストーリーが展開されます。

本作品は群馬県内でロケが行われ、その中でも注目のスポットが赤城クローネンベルク(ドイツ村)。

そこで、サイトから出演者やスタッフが参加した撮影風景や、ロケ地を訪れたいファンに向けた訪問方法が紹介されています。

また、公式マップを活用して周辺の観光施設やレストラン情報をチェックすることもできます。

映画やドラマの撮影で人気の同地を、ぜひ一度訪れてみてください。

赤城クローネンベルク(ドイツ村)としての魅力と歴史

赤城クローネンベルクは、ドイツの雰囲気を感じることができる観光スポットとして、多くのドラマや映画でロケ地として利用されています。

ドイツ建築と日本の自然が融合した美しい景観が特徴で、様々なシーンで活用されています。

また、歴史的な背景からも多くの人に親しまれており、かつては製糸業や製紙業が栄えていた地域で、ドイツ人技師から学んだ技術を活用して発展してきました。

現在では観光地として、レストランやカフェが並んでおり、訪れた人々が楽しむことができます。

この場所の魅力と歴史を知れば、ドラマを見る際にもさらに楽しむことができるでしょう。

亀山家豪邸の撮影場所はどこ?訪れたいファン必見!

ドラマ「相棒」で登場する亀山家の豪邸の撮影場所は、実際には埼玉県にある日本屈指の大邸宅で、多くの作品で使われています。

その広大な敷地と豪華な建築物は、見る人々を圧倒します。

亀山家豪邸を訪れたいファンには、撮影場所を特定し、訪問方法や注意事項を把握しておくことが重要です。

また、近隣には撮影に使用されたレストランやカフェも多く存在し、ドラマの世界観を堪能することができます。

訪れる際には事前にリサーチをし、周辺施設や交通手段を確認してから、忘れられない思い出を作りましょう。

喫茶店やレストランなど、登場人物たちのお気に入りスポット

喫茶店やレストランは、ドラマ『相棒』の登場人物たちにとって大切な場所であり、リラックスした雰囲気で情報交換を行ったり、様々なエピソードが展開される舞台である。

例えば、劇中で右京と薫がよく利用する喫茶店「F」や、亀山が足繁く通うレストラン「クローネンベルク」などがある。これらのお店は東京都内に実在し、ファンにも人気のスポットとなっている。

また、最近のシーズンでは、前シリーズの人気キャラクター・杉下右京が経営するバー「月」も重要な情報の交換場所となっている。このバーも実在し、番組の放送後、視聴者が訪れる様子がTwitterなどで話題になることもある。

さらに、登場人物たちが美味しい料理を堪能する様子が描かれるレストランも興味深い。公式サイトやニュースで紹介されることがあり、その場所がすぐに人気観光スポットになることもあります。

ドラマの魅力を盛り上げる喫茶店やレストランは、ファンにとって特別な思い出の場所となることでしょう。

相棒シリーズで頻繁に使われる警視庁・捜査一課の舞台裏

ドラマ『相棒』では、警視庁・捜査一課が主要な舞台となる。杉下右京、水谷豊、薫など、登場人物たちはこの場所で事件の捜査を進め、様々なシーンが繰り広げられる。

実際の警視庁・捜査一課は日本全国の警察組織の中でも最高峰とされる部署で、最新の設備やポリシーが整備されている。ドラマでは、そういった実際の警視庁・捜査一課の様子や、登場人物たちが行う捜査や情報分析が舞台裏のエピソードとして描かれることがある。

また、撮影に協力してくれる警視庁も、ファンからの評価が高いことがわかる。東京や外部のスタジオで撮影されることが多いが、実際の警視庁の内部もエピソードが展開される。

さらに、シリーズでは登場人物たちの人間関係やプライベートな面も描かれ、ファンや視聴者により現実感を持たせることに成功している。警視庁・捜査一課の舞台裏が、ドラマ『相棒』の魅力を際立たせる重要な要素であり、視聴者がリアルタイムで追体験できる場所として重要な役割を果たしている。

警視庁・捜査一課: ドラマの舞台となる警察施設の実態

ドラマ『相棒』の主要舞台である警視庁・捜査一課は、杉下右京や薫たちが熱心に捜査を行う場所として描かれている。しかし、現実の警視庁・捜査一課の実態も興味深い。

例えば、実際の捜査一課は、事件解決率が高く、優秀な刑事が多く集まる部署であり、日本全国の警察組織の最高峰とされる。

また、最新の捜査設備や技術が導入されており、現場捜査だけでなく、情報収集や分析力も優れている。これらのポイントはドラマでもしっかりと描かれ、視聴者が感じるリアリティが高まっている。

– 最新の捜査設備

– 優れた情報収集力

– 分析力や技術力

さらに、警視庁・捜査一課はドラマ『相棒』の中で、事件の捜査だけでなく、登場人物たちの人間関係やプライベートな面も大切な舞台となっている。

警視庁・捜査一課は、現実の警察施設としての実態だけでなく、ドラマの舞台としても魅力的な存在となっている。

相棒シーズン22のロケ地・撮影場所まとめと関連情報

相棒シーズン22の撮影は、東京や群馬、埼玉、千葉などの日本各地で行われています。ドラマの中の事件や捜査シーンには、杉下右京(水谷豊)と亀山薫(寺脇康文)が、様々な場所で活躍します。撮影場所には、警視庁、レストラン、カフェ、施設などが使用されており、公式サイトやマップから検索することができます。また、人気のロケ地はニュースやテレビ番組、シリーズやスペシャルにも登場します。

シーズン22には、新たなロケ地や撮影場所が追加されているため、ファンはTwitterやコメント機能を利用して最新情報をチェックします。また、公式ホームページや提供会社のページも参考になります。特に、ドラマや映画の撮影が行われるスタジオや施設、公開される配信情報などは、放送前に確認しておくことが重要です。

亀山家の豪邸、喫茶店などお馴染みのロケ地情報

亀山家の豪邸や喫茶店など、お馴染みのロケ地はシーズン22でも登場します。亀山家の豪邸は、東京都内の一角に構え、撮影用に特別に利用されています。また、喫茶店は、前シーズンから登場している定番の撮影場所で、杉下右京が劇中でよく利用する名店です。

さらに、ドラマの中では様々なロケ地が登場します。警察署や刑事たちが捜査を行う現場や、容疑者や被害者が登場する施設など、撮影場所は多岐にわたります。その他のロケ地には、レストランや料理店、カフェ、公園などがあり、登場人物たちが日常で利用する場所が描かれています。

いかがでしたか?さらに詳しい情報を知りたい方は、公式サイトや関連ページなどで最新情報をチェックしてみてください。さらなる情報を探すことで、ドラマ「相棒」をより楽しく、深く味わうことができます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました